現在の位置 : TOPページ談話会案内 > 2009年度

過去の談話会とスケジュール

2009年度

No

Date

Name

Title

1281 2009/03/29 Stan Owocki
(Bartol Research Institute, University of Delaware)
What Physics Sets the Upper Mass Limit of Stars ?
1280 2009/03/01 Chris Pearson
(Rutherford Appleton Laboratory)
Astronomy inSPIREd by Herschel
1279 2009/02/15 高遠徳尚
(国立天文台ハワイ観測所)
カイパーベルト天体の氷はなぜ結晶質なのか?
1278 2009/01/18 伊藤洋介
(東北大天文)
銀河角度分布の双極子異方性:CMB静止系は近傍宇宙に存在するのか?
1277 2009/12/18 Prof. William Smith
(TAURA)
TAURA and its Role in US and Global Astronomy
1276 2009/12/14 藤尾 和也
(東北大天文)
量子宇宙論における非等方性
1275 2009/12/14 松岡 良樹
(名古屋大)
UKIDSS-SDSS超広視野データで探る z=1以降の大質量銀河進化
1274 2009/12/07 古賀健祐
(東北大天文)
Heat Switchの性能評価試験
1273 2009/12/01 早崎 公威
北大理
巨大バイナリーブラックホール探査の新方法
1272 2009/11/30 杉山 尚徳
(東北大天文)
gradient expansion methodを用いたスーパーホライズンスケールにおける揺らぎの研究
1271 2009/11/30 坂田 実沙
(東北大天文)
近赤外線画像を用いた変光天体探査
1270 2009/11/16 北村 美佐絵
(東北大天文)
CIAOを用いたプレアウトバーストFU Ori天体V1331 Cygの直接撮像
1269 2009/11/16 岡村 雅普
(東北大天文)
すばるScamを用いたcosmic shear解析
1268 2009/11/09 沖田 博文
(東北大天文)
南極40cm赤外線望遠鏡の改良と定量的性能評価
1267 2009/11/02 大野 祐理
(東北大天文)
Stellar Streamを用いた天の川銀河の力学進化の研究
1266 2009/11/02 内潟 那美
(東北大天文)
Kerr-AdSブラックホールの準固有振動 (scalar perturbations)
1265 2009/10/26 郡 和範
(東北大物理)
初期宇宙と素粒子ダークマター
1264 2009/10/23 Luc Simard
(HIA, Canada)
Science and Instrumentation for the Thirty Meter Telescope
1263 2009/10/19 筒井 亮
(京都大学大学院理学研究科)
ガンマ線バースト
1262 2009/09/28 Matsumoto, Toshio
(Seoul National University, ISAS/JAXA)
Near infrared cosmic background and first stars
1261 2009/07/12 新田 大輔
(東北大学天文学専攻)
「宇宙背景輻射の温度ゆらぎの三点相関」
1260 2009/07/06 沼田 和俊
(東北大学天文学専攻)
高速回転している中性子星からの光度曲線
1259 2009/07/02 松原 英雄
(宇宙航空研究開発機構)
「あかり」による北黄極銀河ディープサーベイと見つかった赤い1型AGNの正体について
1258 2009/06/29 馬塲 一晴
(清華大学、台湾)
拡張された重力理論におけるファントムクロッシング
1257 2009/06/29 石垣 美歩
(東北大学天文)
金属欠乏星の化学動力学解析に基づく銀河系ハロー形成史への制限
1256 2009/06/18 Dr. Pascale Hibon
(Korean Institute for Advanced Study)
A Ly-alpha Narrow Band Survey at z=7.7 with WIRCam/CFHT
1255 2009/06/15 吉川 智裕
(東北大学天文)
Hα輝線に基づくz~2の銀河の星形成
1254 2009/06/08 Dr. Baiotti Luca
(京都大学基礎物理学研究所)
Dynamics of binary neutron stars in full general relativity
1253 2009/06/01 小松 英一郎
(U. Texas Austin)
Planck衛星の打ち上げを受けて:宇宙背景放射の偏光の物理,B-mode偏光とは何か?
1252 2009/05/27 大屋 真
国立天文台ハワイ観測所
すばる望遠鏡の補償光学装置
1251 2009/05/25 Michael Kramer
Director of Max-Planck-Institute for Radio Astronomy, Bonn
Gravitational physics with cosmic clocks
1250 2009/04/27 西澤 淳
東北大学天文学教室
弱重力レンズ解析に於ける測光的赤方偏移誤差の影響
1249 2009/04/20 馬場 淳一
国立天文台理論研究部
高分解能N体/多相星間ガスシミュレーションで探る渦巻き構造の正体
All Rights Reserved. Copyright (c) 2010 Tohoku University Astronomical Institute .