] 民間就職した卒業生へのインタビュー | 東北大学天文学教室

現在の位置 : TOPページ > 民間就職した卒業生へのインタビュー

民間就職した卒業生へのインタビュー

西崎 純一(理学研究科天文学専攻 修士課程 平成26年度修了)

プロフィール

 

出身地

兵庫県猪名川

所属サークル

公式野球部

アルバイト

塾講師、家庭教師、居酒屋、コールセンター、野球部、新聞社、選挙スタッフ、楽天スタッフ

好きなサッカーチーム

ガンバ大阪

趣味

読書(サスペンスやミステリー)、映画鑑賞、スポーツ観戦


物理で有名な東北大を選択

私自身、大学は実家を離れたい希望がありました。そこで、当時 Newtonという科学雑誌を読んだりするくらい、物理が好きでしたので、本格的に大学受験を意識した時に高校3年生の時にネットで「物理」が有名な大学を探しました。その時に東北大学は物理が有名だということがわかりました。東北大学に興味をもち、「東北大学・理学部・物理」というように自分の興味のあるキーワードで検索した時に、天文学専攻があることを知りうっすらではありますが、天文学も面白そうだなと思っていました。

課題が多い授業で時間をコントロールする能力がアップ

大学2年生の時に、物理、地球物理、天文学に配属が決まるということで、どこを希望しようか考えた時に「規模が大きくて、夢があって、未知なことが多い分野」である天文学について勉強してみたい・知りたいと強く思うようになったことが、天文学専攻を希望した理由です。 3年生の前期の天文学の基礎を学ぶ授業が思い出に残っています。その授業は毎週木曜日に20〜30枚の課題用紙を渡されて、それを月曜日までに提出するというものでした。自分は、土・日曜日は部活があったので、基本的には木・金曜日でその課題を終わらせなければならなかったので、辛かったですね。ただ、その授業のおかげでうまく自分で時間をコントロールする能力がついたように思います。この能力は社会に出た時にも重要となるなと確信しています。

大学3年生後半になると、周りで就職を考える人たちが就職活動をし始める時期になります。自分はもともと就職活動をしようとも考えました。しかし、就職活動は大変だということは周りの様子をみていて分かっていましたし、ある程度覚悟が必要だと感じていました。というのは、就職活動は、県内だけでなく他県で行われる説明会等にも参加しなければならないからです。そう考えると強い気持ちがないと就職活動もできないなと思いました。正直、その時の自分は就職活動をするという強い気持ちがなかったので、だったら、大学院に行って2年間は勉強してから就職しようと決めていました。大学は基礎的な勉強が中心だったので、もっと自分で決めたテーマについて突き詰めた研究をしてみたいという気持ちもあったので、2年間は研究に没頭しようと決めました。

大学院での授業は学部時代の勉強とは大きく異なります。より専門的な勉強になります。特に週に1回行われるゼミで、教科書の輪読や論文の速報をする機会が多いので、学部時代の勉強よりもはるかに学んでいる感覚はあります。研究では、銀河の運動を解析しています。パソコンで擬似的に天体をつくることでその星の形状を調べています。そのシミュレーションは、すべて数値で表されるのですが、その数値を図にした時にはじめて形になるので、形になった時が一番嬉しいです。天文学は、物理の運動や観測や星の知識が必要となるので特に数学・物理・英語は必須です。毎日英語の論文がネット上に更新されるのでそれを読まなければなりません。

どんな就職活動をしましたか?

修士1年の秋〜冬に本格的に就職活動をはじめました。まずは、リクナビに登録しました。東北大学が主催した就職活動の試みが学べるセミナーに参加しました。 12月になるといよいよ合同就職セミナーが始まりました。私は、仙台だけではなく、一度だけ東京で行われた合同就職セミナーに参加しました。その東京で行われた合同就職セミナーは、体育会系で部活をやっている人のためのものでした。私は長年野球をやっていましたし、そのセミナーでは、スポーツをやっている人材を募集している企業が多く来ていました。 企業選びに関して、天文学ではパソコンを使って研究活動を行うことが多いので、IT系の企業を中心に金融、テレビ局の総合職など10社程度受けました。基本的には、ネットで様々なIT系や金融系の職を検索して企業名や企業の概要等を調べました。就職活動をしていて、面接の練習は必要だと思いましたね。伝えたい事が言えなかったですし、何聞かれているのかが理解できなかったので後悔しています。やはり、実際に何社も受けることで力をつけていったかなと思います。5月になってから内定をもらいました。

4月から金融機関の技術職として働きます。証券取引や為替に関するIT 面の仕事が中心で、作ったり、運用したりします。証券取引は規模が大きいですし、まだまだ勉強しなければならないことがたくさんあります。ただ、大学で培った期限までに課題を提出するいといった学習の姿勢や、パソコン操作の技術をいかせるのがここだと感じました。 企業からは、情報処理試験を受けて下さいと言われました。

進学を考えている人やこれから就職活動をする人へのメッセージ

  • 天文学専攻を志望する高校生へメッセージをお願いします。
  • 時間作り(研究と趣味とのメリハリ)は社会に出ても役立ちます。宇宙や銀河を研究対象とする天文学には夢が詰まっていると思います。"A long time ago in a galaxy far、 far away。。。"(star warsより)の続きを考えるのはあなたです!

  • これから就職活動をする大学生へメッセージをお願いします。
  • 就職活動は楽しんだもん勝ちだと思います。うまくいかない時期もあるかと思いますが、その中でも楽しみを見つけていって下さい。

  • 最後に、博士課程へ進学する大学院生へメッセージをお願いします。
  • ノーベル賞取ったら連絡ください。

All Rights Reserved. Copyright (c) 2010 Tohoku University Astronomical Institute .