第29回 理論懇シンポジウム
「重力が織りなす宇宙の諸階層」

2016年12月20日(火)- 22日(木)

東北大学 青葉山キャンパス

主催: 東北大学天文学教室

開催趣旨

理論天文学・宇宙物理学の要とも言える重力に関する多彩なトピックス(天体力学,星・惑星,銀河,大規模構造,重力レンズ効果,高密度天体,重力波,初期宇宙,修正重力・統一理論,重力実験など)について最近の研究を概観し,一般相対論100周年以降の方向性を展望する.天文学から基礎物理学に至る幅広い分野の研究者を対象としたレビュー講演と,主に若手研究者による一般講演を織り交ぜた分野横断型の会合としたい.

なお,理論天文宇宙物理学の幅広いトピックの口頭講演およびポスター発表も例年通り募集する.また,今年度博士取得見込み者は優先的に発表の機会を与えられる.

	   

開催場所・日程

[場所]: 東北大学 青葉山キャンパス カタールサイエンスキャンパスホール [アクセス・キャンパスマップ]
(最寄り駅は地下鉄東西線,青葉山駅です.そこから徒歩約10分です.)

[日程]: 2016年12月20日(火)- 22日(木)
(12月20日は午前10時40分から開始、22日は午後4時に終了予定です.)

	   

参加登録

こちらからお申し込みください.
講演登録および旅費補助申請 2016年11月21日 (月) 締切
参加登録 2016年12月5日 (月) 締切
(旅費補助に関して,財源が限られているためご希望に添えるとは限りません.あらかじめご了承ください.)

	   

招待講演者

(敬称略)

星形成犬塚修一郎(名古屋大)
星団形成谷川衝(東京大)
惑星形成荻原正博(国立天文台)
銀河斎藤貴之(東工大ELSI)
銀河千葉柾司(東北大)
大規模構造高田昌広(Kavli IPMU)
重力レンズ二間瀬敏史(京産大)
高密度天体高橋博之(国立天文台)
X線天文Chris Done(Durham U)
重力波木内建太(京大基研)
初期宇宙横山順一(東京大)
高次元重力石橋明浩(近畿大)
弦理論杉本茂樹(京大基研)
AdS/CFT橋本幸士(大阪大)
重力実験村田次郎(立教大)
	   

懇親会

12月21日(水)
[場所]: 東北大学生協カフェテリア
[会費]: 学生 3000円 スタッフ/PD 4500円

	   

宿泊

宿泊予約は各自でお願い致します.
地下鉄東西線 沿線(仙台駅前,青葉通一番町界隈など)が便利です.

	   

SOC/LOC

  • SOC

    北山哲(東邦大)[chair],大向一行,當真賢二,矢島秀伸(東北大),滝沢元和(山形大),郡和範(KEK),千葉剛(日本大),原田知広(立教大),井上剛志,大須賀健,田中雅臣(国立天文台),関口雄一郎(東邦大),樽家篤史,細川隆史(京都大)

  • LOC

    大向一行,千葉柾司,當真賢二,矢島秀伸,および東北大学天体理論グループメンバー

    参加登録システム協力: 青山尚平 (大阪大),格和純 (東北大)

問い合わせ先

rironkon2016 -at- astr.tohoku.ac.jp
( -at- をアットマークに変えて下さい)