現在の位置 : TOPページ > 談話会案内

談話会案内

【開催】 毎週月曜日15時から(変更されることがあります。)
【開催】 物理A棟8階大輪講室(変更されることがあります。)
【案内】 談話会の情報をメーリングリストでご案内しています。

最新情報

第1393回 天文学教室談話会

日時

2014年10月20 (月) 15:00

場所

大輪講室

講演者

小野里 宏樹(東北大天文)

題目

中間赤外線で大きな増光を示した天体について

要旨

宇宙において、中間赤外線の主な放射源は温度が数百 K 程度のダストである。生誕 期や終末期の恒星の周辺にはしばしば大量のガスやダストが存在し、それは恒星の進 化、銀河内の物質循環、化学進化の重要な要素である。現在までの研究で、中間赤外 線の光度の時間変化は、晩期型星の脈動や原始星の間欠的増光に付随して起こりうる ことがわかっている。比較的定常な状態のダストに関しては様々な研究が行われ、現 在までに大きな成果が挙げられてきている。しかしながら、数年から数百年という天 文学的に非常に短期間に生じると考えられている恒星の大規模構造の変化については、 時間スケールが恒星の寿命と比較し非常に短いため、一部の例外を除き観測されてい ない。このような恒星進化の決定的な場面の物理的背景を明らかにするためには直接 観測を行うことがきわめて重要である。 そこで本研究では、IRAS、AKARI、WISE という中間赤外線で全天サーベイを行った人 工衛星のカタログデータを用いてそのような非常にまれな天体を検出できないかを調 べ、その結果約10天体を候補天体として選出した。今回の発表では、それらの天体の 正体を探るための観測の結果、及びその結果から考えられうる中間赤外線での増光の 原因について述べる。

日時

2014年10月20 (月) 15:00

場所

大輪講室

講演者

小幡 朋和(東北大天文)

題目

南極2.5m望遠鏡用三色赤外線カメラの光学設計

要旨

南極ドームふじ基地は極低気温、高大気透過率により赤外線とTHz観測に有利な環境 を持つ。またOkita et al.(2013)で報告されたように、0.2"という地球上で最良のシー イングが確認されている。本研究では南極環境を生かす口径2.5m赤外線望遠鏡の第一 期観測装置「三色赤外線カメラ」の光学設計を行っている。本装置の分解能0.221"を もって、シーイングに左右されない高分解能観測が可能になる。また、観測天体の一 つとしてSubmilliMeter Galaxies(SMGs)を紹介する。SMGsはnegative k effectによ り観測が用意であり、近年活発な観測が行われている天体の一つである。近赤外線の 高分解能、広視野観測によって、SMGsのmorphologiesやgas fractionについて明らか になることが期待される。今回の発表では、SMGsの簡易レビューと光学設計の進捗状 況及びoff-axial光学系理論について報告する。

過去の談話会とスケジュール

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2014】
Shijun Yoshida (yoshida<at>astr.tohoku.ac.jp)
Kimihiro Yamazaki (k.yamazaki<at>astr.tohoku.ac.jp)
Yusuke Okayasu (y.okayasu<at>astr.tohoku.ac.jp)
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .