現在の位置 : TOPページ > 談話会案内

談話会案内

【開催】 毎週月曜日15時から(変更されることがあります。)
【開催】 合同C棟N507 天文専攻大輪講室(変更されることがあります。)
【案内】 談話会の情報をメーリングリストでご案内しています。

最新情報

第1456回 天文学教室談話会

日時

2016年06月27日(月) 15:00

場所

合同C棟大輪講

講演者

山中 郷史(東北大学天文学教室)

題目

紫外線スペクトルスロープから探る赤方偏移4の星形成銀河の性質および高い星形成活動を示す銀河の存在

要旨

遠方に存在する星形成銀河の性質を調べることは銀河の形成・進化を知る上で非常に重要である。このような遠方銀河の性質を調べる指標として、静止系紫外線スペクトルスロープβと呼ばれるパラメーターが多く用いられる。紫外線スペクトルスロープβは星形成銀河の紫外線光の波長依存性を表しており特に銀河のダスト減光量に制限を与えることができると考えられ調査と議論がなされている。これまでの研究ではβの赤方偏移依存性や紫外線光度の依存性が調べられている。一方で、先行研究のほとんどはHSTから得られた、限られた視野の同じ領域のデータを用いている。そこで我々は、現在存在する撮像データの中で視野が広く、最も深い多色の撮像データを用いて、赤方偏移4に存在する星形成銀河に対して詳細なSED解析を行った。この結果、ダスト減光を強く受けた星形成銀河は、βー紫外線光度空間では偏って分布していることを発見した。このような銀河のダスト吸収を補正した星形成率は数百Msun/yr以上に及び、赤方偏移4の宇宙で『ダスト減光を強く受けた非常に活発な星形成銀河』が多数存在することを示唆している。

過去の談話会とスケジュール

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2016】
Kenji Toma (toma<at>astr.tohoku.ac.jp)
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .