現在の位置 : TOPページ > 談話会案内

談話会案内

【開催】 毎週月曜日15時から(変更されることがあります。)
【開催】 合同C棟N507 天文専攻大輪講室(変更されることがあります。)
【案内】 談話会の情報をメーリングリストでご案内しています。

最新情報

第1468回 天文学教室談話会

日時

2016年10月3日(月) 15:00

場所

合同C棟大輪講

講演者

森下 貴弘(東北大学天文学専攻)

題目

z~0.5の銀河団における低質量パッシブ銀河の形成史

要旨

近傍宇宙で見られる銀河の観測的特徴(例えば、質量、形態、色)を理解するため、近年では幅広い空間・時間軸において、質の高いデータで調査が進められている。銀河の星形成活動、そして星形成”停止活動”は銀河の構造形成の根本であり、銀河進化史を理解する上で重要である。本発表では、発表者がこれまでに調査してきた大質量銀河の形成・進化史のまとめを行うとともに、それとは対極的な低質量銀河の形成史を新たに議論する。HSTによる超深撮像・分光サーベイ(HFF、GLASS)によって得られたデータを用い、0.3<z<0.6の4つの銀河団に存在する星形成をしていない”低質量パッシブ銀河”(星質量が10^8太陽質量程度)の形態パラメータ、星質量、カラーを導出した。星形成銀河とパッシブ銀河の両種族の星質量-サイズ関係、またその時間進化を解析モデルにとりこむことで、それらの低質量銀河が高密度環境特有のメカニズムによって星形成を止めてきたことを示唆した。その一方で、高密度環境下に存在する中間・大質量銀河は一般密度領域(フィールド)に存在するそれとは本質的に違わず、銀河団における銀河の加速的進化も議論する。

過去の談話会とスケジュール

ご注意

  • 今後の予定は、都合により、やむを得ず変更される場合がございます。その場合には、このページおよび掲示にておしらせいたしますが、変更の反映まで時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • 談話会についてのご相談、またはこのPageに関するご意見・ご質問等は下記連絡先までお願いします。
  • 当談話会ではいつでも講演者を募集しております。その際には発表タイトル、連絡先を、二週間前までにお送りくださいますようお願いいたします。

【The Colloquium Committee in 2016】
Kenji Toma (toma<at>astr.tohoku.ac.jp)
   <at>-->@

All Rights Reserved. Copyright (c) 2011 Tohoku University Astronomical Institute .