search this site

Masayuki Akiyama

Top
Researches
Seminars
2008
2009
2010
2011
2012
2013
Lectures
Outreach
Papers
Links
Astro Home > Masayuki's Home > Seminars >

4年生向けゼミのページ

2014年度のゼミ


A.「遠方宇宙のクェーサーの空間分布で探る超巨大ブラックホールのホストダークマターハロー」

B.「屋上50cm望遠鏡での補償光学系の評価」

の2個のタイトルで行います。このゼミでは輪講と実習(データ解析または光学実験)を平行して行います。実習の内容は最後に卒業論文の形にまとめてもらいます。


A.「遠方宇宙のクェーサーの空間分布で探る超巨大ブラックホールのホストダークマターハロー」

銀河の中心に存在する超巨大ブラックホールは、クェーサーなどの活動銀河中心核として観測される降着現象を通じて形成、成長してきたと考えられています。実習ではクェーサーなど活動銀河中心核と銀河の空間分布を調べることで、クェーサー活動がどのようなダークマターハローで起こっているのかについて制限をつけ、モデル計算と比較することで超巨大ブラックホールの成長の歴史をたどることを考えています。具体的には

  • 活動銀河核と銀河の空間分布を調べ、活動銀河核のホストハローの質量を推定する。
  • 準解析的な銀河形成、超巨大ブラックホール形成のモデル計算と観測結果との比較を行う。

ことを考えています。

輪講では、まず活動銀河核、銀河の空間分布の情報について理解するために Padmanabhan "Structure formation in the universe" または Mo, van den Bosch, White "Galaxy Formation and Evolution" の関連する章を輪講する予定です。

まもなく本格的な観測が始まるすばる望遠鏡 Hyper Suprime Cam の戦略枠観測による大規模探査データを用いた解析を考えています。関連する研究はこちらにあります。


B.「屋上50cm望遠鏡での補償光学系の評価」

2010年度2011年度 2013年度 のゼミで光の波面(等位相面)の形状を測定する波面センサーと波面センサーで測定された波面の乱れを補正する可変形鏡の性能評価を行いました。今年度はこれらを組み合わせて屋上50cm望遠鏡で実際に補償光学系として動かして補償性能の評価をすることを考えています。

輪講では補償光学についての基本的な教科書 Robert K. Tyson "Introduction to Adaptive Optics" を輪講します。そのあとはより詳細な教科書 John W. Hardy "Adaptive Optics for Astronomical Telescopes" の関連する章を輪講します。

うまく行けば、現在稼働している補償光学系よりもかなり小型で安価な補償光学系を実現することが可能になり、小型望遠鏡での補償光学観測につながります。

われわれのグループではすばる望遠鏡の次の世代の望遠鏡として考えられている 30m 望遠鏡の観測装置として、広い視野の多数の天体を同時にカバーする補償光学系を検討しており、小型の補償光学系を実現することは重要な要素技術の一つとなっています。関連する研究内容は研究のページ(こちら)にまとめています。



過去の4年ゼミのまとめ

2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度

     

Contact

Astronomical Institute, Tohoku University

akiyama _at_ astr.tohoku.ac.jp

Phone: 022-795-6511